読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ランチ イン サバンナ

かつてJUDY AND MARYは「サバンナではだかんぼのランチ」と歌いました。それは実現しませんでしたが、ともかくそれがきっかけになって私の青春の1ページとなったアフリカ旅行記です。

人気急上昇中。天国のモデル、モーリシャスのおすすめ観光地

人気急上昇中!天国のモデル、モーリシャスのおすすめ観光地

最近、芸能人が新婚旅行先に選ぶなどして観光地として人気急上昇中の「モーリシャス」をご存知ででしょうか?雄大な山々、サンゴ礁に囲まれた美しい海など魅力たっぷりのモーリシャス。そんな楽園リゾート地・モーリシャスのおすすめ観光地をご紹介します。

モーリシャスってどんなところ?

 

日本からモーリシャスへの直行便は残念ながら出ていないので、ドバイ経由で向かうのが一般的です。

モーリシャス共和国、通称モーリシャスはアフリカの国家で、イギリス連邦加盟国。南半球インド洋にある島国で島の大きさは2,040km²で東京都とほぼ同じ大きさです。
日本からはドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空利用して行くのが一般的です。日本からドバイまで約11時間、ドバイからモーリシャスまで約6時間のフライト。なかなかの長旅にはなりますが、その長旅の後には「天国のモデル」とも言われているモーリシャスの観光地でのバカンスが待っています!

モーリシャスの観光地を徹底紹介!

モーリシャス

『天国のモデル』や『インド洋の貴婦人』とも呼ばれている美しい場所

モーリシャス共和国にあるモーリシャス島は世界でもトップクラスのリゾート地と言われています。世界的に人気の高いこの場所は「インド洋の貴婦人」とも呼ばれ、とても美しい景色が魅力的です。そのモーリシャスの美しさからトム・ソーヤの冒険で有名なアメリカ人作家マーク・トゥエインは『神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った』という言葉を残しています。モーリシャスではホテルでのんびりしつつ、ウォータースポーツやゴルフなどを楽しんで過ごすのが一般的ですが、日帰りツアーで行ける観光地ももちろん美しい魅力的な場所ばかりとなっています。

モーリシャスのおすすめ観光地① 七色の大地

シャマレル 七色の大地

首都であるポートルイスから車で50分。キュルピップからは車で約40分ほど、ブラバン半島からは約20分ほどです。
モーリシャスの絶景ポイントとして外す事のできない観光地です。

モーリシャスを代表する観光地。
この七色の大地は光の加減ではなく、火山から噴出した様々な鉱物が大気との接触によって変化したもので絵の具を合わせたようなグラデーションが見事です。これほどくっきりと虹のように分かれた7色の大地を眺めることができるのは世界的にも珍しいようです。まさに自然の神秘ですね!
またこちらの観光地ではアルダブラ・ゾウガメの飼育場もあります。

モーリシャスおすすめ観光地② イル・オ・セルフ

イル・オ・セルフ

モーリシャス島から近い無人島。船で向かう。

イル・オ・セルフは2つの島の間に美しい砂浜が蓄積されてできた観光ビーチです。
美味しい料理や様々なマリンスポーツを楽しむ事ができ、多くの観光客が訪れることもあり、賑やかな観光地となっています。こちらの観光地は無人島ですが、観光地のためトイレやお土産物屋さん、バー(カフェ)などもあります。白い砂浜とエメラルドグリーンの海はモーリシャスの中でも1番の美しさと言われており、ゆったりと過ごすことができます。

モーリシャスおすすめ観光地③ カゼラ・ネイチャー&レジャー・パーク

カゼラ・ネイチャー&レジャー・パーク

「ライオンと散歩」ができる観光地。
東海岸からタクシーで1時間半ほどかかります。

カゼラ・ネイチャー&レジャー・パークはとても広く、アフリカからきた動物やモーリシャス固有の鳥等を見ることができます。この観光地でのおすすめは何といっても「Walk with Lion」。なんとライオンと散歩ができるというもので、大人気すぎて当日券はほぼ絶望的だとか。ライオンの機嫌によってもなでたり触れ合うこともできます。散歩自体は1時間で終了しますが、銃を持たずに一緒に歩けるのはここだけということでとても貴重な体験ができる観光地となっています。

モーリシャスおすすめ観光地④ ラムリー・ド・シャマレル

ラムリー・ド・シャマレル

営業時間: 月~土(祭日はオープン) 9:30~17:30.まで
※子供の試飲は不可

ラムリー・ド・シャマレルは山に囲まれた標高300メートルの谷に建つラム酒工場です。
製造過程見学コース、試飲、売店、レストランがある複合施設でお土産ショップが充実しているのでここでお土産を購入してもいいかもしれませんね。
この工場、観光地と侮るなかれ。この工場で作られているラム酒は世界中で作られているラム酒の中でも5%と言われている貴重なものなのです。もちろん工場見学ではラム酒のテイスティングもできます。

モーリシャスおすすめ観光地⑤ ル・モーン・ブラバン

ル・モーン・ブラバン

モーリシャスで2番目の世界遺産モーリシャスの南西端に位置する半島。

ル・モーン・ブラバンは2008年に世界遺産として登録された観光地です。
この半島には名前の由来になった玄武岩のル・モーン山があり、モーリシャスでも屈指の絶景を見ることができる人気の観光地です。元は奴隷が過酷な生活から逃れる為に逃げだした先の岩山。その中には追っ手に追い詰められ、山頂から飛び降り死を選んだという奴隷もいたといいます。モーリシャスの悲しい奴隷の歴史の象徴と言えます。

モーリシャスおすすめ観光地⑥ パンプルムース植物園

パンプルムース植物園

首都ポートルイスから車で約10分ほどのところにあります。
オオムニバスだけでなく、バオバブの木や立派なメインゲートも見どころ。
開園時間:8:30~17:30(基本的に年中無休)
入園無料ですが、ガイドを雇うと1時間くらいかけて案内してくれます。

こちらの観光地では世界中の植物学者に有名な幅広い種類の熱帯植物を見ることができます。
モーリシャス独立時の初代首相の墓が設置されていることから正式名称は「サー・シーウーサガー・ラングーラム植物園」と言います。
元々は植民地時代の提督の館の野菜畑だったそうですが、薬用植物等が研究のために植えられ始め、やがて南半球としては、初の本格植物園として開園したそうです。
この観光地での見どころの1つが写真にもあるオオムニバス。子どもが乗っても沈まないくらいの大きな葉なんです。また、大きなバオバブの木などもあります。とても広い植物園なのでゆっくりと時間をかけて見て回るのもいいかもしれません。

一度は行ってみたい、モーリシャスの観光地

 

いかがでしたか?
どこに行っても美しいモーリシャスはゆったりリゾートを満喫するにはとてもおすすめの観光地となっています。近年観光地として人気が急上昇しているというのも頷けますね。
特別なバカンスを楽しみたいという時にはぜひ美しい観光地、モーリシャスを選んでみてはいかがでしょうか?

f:id:africalovers:20170110163803j:plain

自然と危険が隣り合わせの国際都市。ケニアの首都ナイロビについて!

自然と危険が隣り合わせの国際都市!ケニアの首都ナイロビについて!!

東アフリカの赤道直下の国ケニア。ケニアの首都ナイロビはケニア最大の都市で、国連をはじめとした多くの国際機関が、本部やアフリカの代表部を置く重要な都市です。首都近郊には多くの動物が生息している国立公園がありますが、市の中心以外は非常に治安の悪い都市でもあります。

ケニア

首都はナイロビ

ケニアは赤道直下にある高原の国です。

ケニアは東アフリカに位置する共和制国家で、イギリス連邦加盟国。ケニアは北にエチオピア、北西に南スーダン、西にウガンダ、南にタンザニア、東にソマリアと国境を接し、南東はインド洋に面しています。首都はナイロビ。コーヒー・茶・サイザル麻、野生動物の保護で知られています。

ケニアの首都ナイロビ

ケニアの首都で最大の都市

ナイロビという名前は、マサイ語で「冷たい水」を意味します。

ケニアの首都ナイロビは、東アフリカの中心的都市として、多くの国際機関が本部やアフリカの代表部などを置いています。中でも国連は、国連環境計画や国際連合人間居住計画の本部を首都ナイロビに置き、さらにこの2機関の活動を支援するための、国際連合ナイロビ事務局を設立しています。

かつてはイギリス領東アフリカ全体の首都

独立後も行政や経済の中心として急速に発展を遂げています。

ケニアの首都ナイロビは、ウガンダ鉄道を開発する工事の中継地点として生まれた新しい都市です。ビジネスで訪れる日本人も多く、日本食のレストランや日本食材を扱う商店などの他、活気溢れるマーケット、博物館、ワールドクラスのゴルフ場など魅力的な施設も多くあります。

ケニアの首都ナイロビの「気候」

ケニアの首都ナイロビ①

気候区分は暖温帯

降水量は3・4月に多く、7・8月は少ないです。

ケニアの首都ナイロビは、赤道直下のところにありながら標高が1795mと高いため、穏やかな気候で気温の変化が少ないです。月平均気温はほぼ 20℃以下で,年平均気温 17.6℃と、年間を通じて爽涼な気候に恵まれています。

ケニアの首都ナイロビの「行き方」

ケニアの首都ナイロビ②

ジョモ・ケニヤッタ国際空港

ケニアの首都ナイロビにある共用飛行場、ケニア航空ハブ空港です。

日本からの直行便はありませんが、ケニア航空大韓航空コードシェアにより成田国際空港発ソウル経由ナイロビ行きを運航しています。総飛行時間は18時間~。エミレーツ航空カタール航空なども日本からナイロビへの経由便があります。

ケニアの首都ナイロビの「治安」

ケニアの首都ナイロビ③

危険と言われるダウンタウン

首都ナイロビは「街の中心部以外は昼間でも決して出歩くな」と言われる街です。

ケニアの犯罪の多くは観光客が訪れる国立公園などではなく、首都のナイロビで起きていて、その多くがダウンタウンやローカルバスの中、住宅街など、一般旅行者はあまり近づかない所で発生しています。ケニアでは決して冒険をしないように、安全にある程度お金をかけましょう。

ケニアの首都ナイロビの観光スポット「ナイロビ国立博物館

ケニアの首都ナイロビ④

ケニア最大の博物館

ケニア独立の33年前、1930年に開館したケニア最大、最古の博物館です。

この博物館は、アウストラロピテクス・ボイセイ原人の化石を発見したリーキー博士が館長を務めていたことでも知られ、館内にはその原人の化石が展示されています。また、この博物館には地上最大とも言われる巨大象の模型があることでも有名です。

ケニアの首都ナイロビの観光スポット「ナイロビ国立公園」

ケニアの首都ナイロビ⑤

市街から20〜30分

ケニアで一番古い国立公園で、首都ナイロビの中心地からすぐのところにあります。

公園の面積は117㎢で、2~3時間で一周できます。絶滅危惧種クロサイをはじめ、ライオン、チーター、カバなどゾウを除く約100種の哺乳類と400種の鳥類がいます。また公園内には、1989年に当時の大統領が自ら象牙取引を撲滅させる決意を示すため、約12トンの象牙を燃やした場所があります。

ケニアの首都ナイロビの観光スポット「ボーマス・オブ・ケニア」

ケニアの首都ナイロビ⑥

ケニア文化を知る観光村

ケニアのミニチュア版そのものと言えます。

首都ナイロビの都心から10km、ナイロビ国立公園の正面入り口を約1km過ぎた場所にあります。ケニアの生活様式、手工芸、音楽、舞踏といった文化の多様性を見ることができます。中央のホールでは各民族の伝統舞踊のショーを、マサイやキクユなどケニアの主要な民族の伝統的な家屋も展示されています。

ケニアの首都ナイロビ まとめ

いかがでしたか。ケニアの首都ナイロビをご紹介しました。ナイロビは、東アフリカの中心的都市として、多くの国際機関が本部やアフリカの代表部などを置いている重要な都市です。ビジネスで訪れる日本人も多いですが、市街から一歩出てしまうと大変治安の悪い、危険な街でもあります。ナイロビを訪れた際は、慎重に慎重を重ねて移動しましょう。

f:id:africalovers:20170110163705j:plain

1991年に旧首都ラゴスから遷都。ナイジェリアの首都はアブジャです!

1991年に旧首都ラゴスから遷都!ナイジェリアの首都はアブジャです!!

アフリカ西部に位置するナイジェリアは、アフリカ最大級の人口を持つ国。ナイジェリアの首都アブジャは1991年に、旧首都ラゴスから遷都されました。アブジャ市街の基本設計は、実は日本の建築家丹下健三です。訪れる機会があったら、それを踏まえて観光してみてください。

ナイジェリア

首都はアブジャ

ナイジェリアは、アフリカ西部に位置します。

ナイジェリアは北にニジェール、北東にチャド湖を挟みチャド、東にカメルーン、西にベナンと国境を接します。ナイジェリアの南は大西洋のギニア湾に面し、かつては「奴隷海岸」とも呼ばれ、15世紀以来約300年間、ナイジェリアはポルトガル・オランダ・イギリスなどの奴隷貿易の中心地でした。

アフリカ最大級の人口

「ナイジェリア」名の由来は、国内を流れる「ニジェール川」です。

ナイジェリア面積は92万3768㎢2、人口は1億6247万1000(2011推計)。乾燥地帯でキャラバン貿易を通じてイスラム教を受容したナイジェリア北部と、熱帯雨林地帯でヨーロッパの影響を受け、キリスト教が広がったナイジェリア南部との間に大きな違いがあります

ナイジェリアの首都アブジャ

かつての首都はラゴス

ナイジェリアの首都アブジャは、1991年に遷都した計画都市です。

アブジャはかつての首都ラゴスから遷都しました。現在では首都として大統領府を筆頭とした主要官庁の本省庁、並びに、各国大使館がありますが、旧首都ラゴスは現在でも経済の中心であり、ほとんどの国が大使館を新首都アブジャに移転した今でも、より大規模な旧大使館を領事館としてラゴスに維持している国が多いです。

日本の建築家による計画都市

旧首都ラゴスが国の南西に片寄り過ぎたため、中央部で気候も乾燥して冷涼なアブジャが新首都となりました。

しかし内陸にあることに加え、食料など多くの物資が輸入されるナイジェリアです。首都アブジャまで殆どの製品が、水揚げ港のある旧首都ラゴスやポートハーコートなどから輸送されてくるため、輸送コストが全ての物品にかかり、大変物価が高いです。

ナイジェリアの首都アブジャの「気候」

ナイジェリアの首都アブジャ

首都アブジャの気候は「熱帯」

アブジャの雨量は夏よりも冬の方がずっと少ないです。

首都のアブジャは国土のほぼ中央にあります。ナイジェリアの南部は熱帯性の気候に属し降雨も多いですが、北部は乾燥地帯。首都アブジャの気候は年間を通して平均最高気温が33℃前後、平均最低気温が20℃前後で、特に乾季にあたる11月から3月にかけて、気温が高くなる傾向があります。

ナイジェリアの首都アブジャの「行き方」

ナイジェリアの首都アブジャ

ンナムディ・アジキウェ国際空港

首都アブジャにある国際空港で、空港名はナイジェリアの初代大統領ンナムディ・アジキウェから名付けられました。

日本からの直行便はないので周辺国を経由してナイジェリアに入国します。日本からはエミレーツ航空またはカタール航空が便利です。近年、首都のアブジャ空港が整備されナイジェリアへの便が増加しています。これまでの玄関口のラゴス空港との2本立てとなっており、所要時間は20~23時間です。

ナイジェリアの首都アブジャの「治安」

ナイジェリアの首都アブジャ

治安状況は厳しい

もはや無法地帯のラゴスよりはましですが、テロの危険があります。

ナイジェリアでは、イスラム過激派組織ボコ・ハラムのテロ活動が北部で活発化し、南部の河川域に広がる石油産出地帯とその周辺で外国人の誘拐事件が多発しています。首都アブジャの治安も厳しく、テロの危険があるので大使館職員はショッピングモールやジョギングにも出かけないそうです。

首都アブジャの観光スポット「ナイジェリア 国立モスク」

ナイジェリアの首都アブジャ

アブジャの代表的な建築物

ナイジェリアの首都アブジャにある、巨大な国立モスクです。

多くのモスクは外国人や異教徒に対して厳しい制限がありますが、こちらは外国人でも異教徒でも男性でも女性でも訪れることができます。ただ、男性と女性は入り口が別々で、正面の立派な入り口は男性用で、女性は裏の小さな入口から入ります。夜はライトアップされ、綺麗です。

首都アブジャの観光スポット「アブジャアーツ・クリフトヴィレッジ」

ナイジェリアの首都アブジャ

アブジャの工芸品が揃う通り

手作りの工芸品を手頃な価格で購入するには最高の場所です。

規模の小さなお店が並ぶショッピングストリートには木工品や、籠、染物などアフリカでは定番の品々が売られていいます。「ナイジェリア」というものよりは、「アフリカ」的なものかもしれません。

ナイジェリアの首都アブジャ まとめ

いかがでしたか。ナイジェリアの首都アブジャのご紹介でした。いまだ旧首都ラゴスが経済の中心ですが、アブジャも道路がキチンと舗装されているところが多く、やはり首都という感じがします。これからもますますの発展が望める都市です。

f:id:africalovers:20170110163607j:plain

規模も知名度もカサブランカが上ですが、モロッコの首都はラバトです

規模も知名度もカサブランカが上ですが、モロッコの首都はラバトです

アフリカの北西部に位置する王国、モロッコ。フランスの保護領となった時代に首都に制定されたのが、現在のモロッコの首都ラバトです。人口の多さは3番目、規模も知名度もカサブランカにはおよびませんが、首都としての機能のため外国公館も存在し、来訪者も多い街です。

モロッコ

首都はラバト

モロッコはアフリカの北西部に位置している王国です。

モロッコの北部はジブラルタル海峡と地中海、西は大西洋に面しています。 モロッコ東部はアルジェリア、南部はモーリタニアに隣接しています。モロッコの領土は約710,850平方kmで、海岸線は3,500kmに達し、大西洋岸が2,000km、地中海沿岸は500kmです。

正式名称はアラビア語で「マグリブの王国」

そして「マグリブ」とは、アラビア語で「日の没する地」「西方」を意味します。

モロッコはイスラム教の国なので、お祭りや宗教行事などはイスラム暦で動いています。イスラムの国ですが、都市部ではベールをかぶっていない人もいるようです。モロッコの主な産業は農業や漁業なので、そういう仕事の田舎の失業率は高くありませんが、都会の失業率は高いようです。

モロッコの首都ラバト

大西洋に面した河口にある首都

首都のラバトという名は「城壁都市」の意味です。

ラバトはモロッコの首都ですが、 都市の規模としてはカサブランカに遠く及ばず、知名度も低いと思われます。人口もモロッコ最大の商業都市カサブランカなどに次ぎ第3位ですが、首都としての機能のため、外国公館も存在し来訪者も多いです。

町全体が世界遺産

2012年に町全体が、「近代的首都と歴史的都市をあわせもつ遺産ラバト」として世界遺産に登録されました。

ラバトはカサブランカ北東90kmに位置します。12世紀に都が置かれましたが衰退し、1912年に首都に返り咲きました。白壁の建物やヤシの並木、緑の公園が点在する落ち着いた町で、じゅうたんの製造地のひとつとして知られています。

モロッコの首都ラバトの「気候」

モロッコの首都ラバト①

首都ラバトの気候は暖温帯

ラバトの雨量は、夏より冬の方が多いです。

アフリカだから常に暑い気候を創造してしまいがちですが、モロッコには訪れる場所によって違った気候があり、四季もちゃんと存在しています。首都ラバトの気候は、1月の気温が12.4℃、7月が22.3℃で年間降水量は379.7mm。冬季の降水量は100mm/月に達しますが、夏季には1mmを下回ります。

モロッコの首都ラバトの「行き方」

モロッコの首都ラバト②

ムハンマド5世国際空港

首都ラバトにも小さな空港がありますが、モロッコの玄関口となる国際空港は、やはりカサブランカです。

モロッコへは日本から直行する国際線はありません。まずヨーロッパの主要都市へ飛び(所要約10~13時間)、各都市からモロッコに入国するのが一般的です。パリからカサブランカまでは約3時間のフライトです。カサブランカ空港は首都ラバトより100km西方にあり、高速道路で1時間20分程度、列車でも1時間かかります。

モロッコの首都ラバトの観光スポット「ハッサンの塔」

モロッコの首都ラバト③

モロッコの盛時のモニュメント

ムハンマド五世の霊廟とハッサンの塔はおなじ敷地にあり、市街が一望できます。

12世紀末、マンスール王は世界最大のモスクを造ろうとして志半ばで死去。このムーア様式塔だけが未完のまま残されました。現状の44mでも世界最大級の高さですが、完成すれば88mもの巨大な塔になるはずでした。周りに残るたくさんの円柱は、地震で破壊されたモスクの柱です。

モロッコの首都ラバトの観光スポット「ムハンマド五世霊廟」

モロッコの首都ラバト④

モロッコ建国の父の霊廟

外観は白くシンプルですが、一歩中に入れば伝統工芸の粋を集めた豪華さです。

ハッサンの塔に向かい合っているのが、モロッコ建国の父・ムハンマド5世の霊廟です。王が眠る部屋は、白い大理石の棺を絢爛たる彫刻の壁が囲み、ドーム天井にも装飾や金細工が施されきらびやかです。霊廟の周りは常に騎馬兵が巡回しています。

モロッコの首都ラバトの観光スポット「ルワー門」

モロッコの首都ラバト⑤

ルワーは「風」という意味

首都ラバトの城壁の中でも、12~13世紀のままの佇まいを一番残している門です。

モロッコの首都ラバトにある門です。12世紀末、ムワッヒド朝のヤークーブ=アル=マンスールにより建造されました。保存状態が良いことで知られ、内部はギャラリーになっており、同国の現代美術作品が展示されています。

モロッコの首都ラバト まとめ

いかがでしたか。ラバトは、フランスの保護領となった1912年に首都に制定されました。規模や知名度ともに、カサブランカにはおよびませんが、モロッコの首都として発展を遂げ、アラブ文化の王宮やモスクと、フランス風のカフェや官公庁街という2つの顔を持っています。

f:id:africalovers:20170110163532j:plain

歴史のロマンと謎が詰まったアレキサンドリアの灯台に魅せられて

歴史のロマンと謎が詰まったアレキサンドリア灯台に魅せられて

古代の図書館、、海底に眠る女王の宮殿、そして巨大なファロスの灯台プトレマイオス朝エジプトの首都であり、クレオパトラも愛したと言われるアレキサンドリアは、歴史のロマンがひそむ都市として有名です。世界七不思議のひとつ、アレキサンドリア灯台を紹介します。

世界の七不思議、まぼろしのアレキサンドリア灯台

アレキサンドリア灯台(ファロスの灯台

建造年:紀元前3世紀(14世紀に崩壊)
建造場所:エジプトのアレキサンドリア湾岸、ファロス島
高さ:約134メートル

アレクサンドリア灯台は、世界七不思議に数えられる建造物です。プトレマイオス朝エジプトの首都として、貿易や学問の中心となった都市アレクサンドリアに紀元前4世紀から紀元前3世紀にかけて建てられたもので、ギザの大ピラミッドに並ぶ巨大建造物であったといわれます。しかし、8世紀の地震や14世紀の2度の地震によって崩壊してしまいました。
アレクサンドリア灯台に関する伝説や噂はヨーロッパからアジアまで広がり、美術や著作物に影響を与えました。有名な伝説に、次のようなものがあります。

頂上には、火を灯す巨大な丸いドームがあった。そして、ランプの後ろには巨大な反射鏡が取り付けられていた。この巨大な反射鏡からは強力な光が放たれ、言い伝えによれば、数十キロ離れた舟さえ焼くことが出来たそうである。

灯台の光は約56キロメートル(約35マイル)離れた海岸からも見ることができた

伝説の真偽は不確かですが、少なくともアレキサンドリア灯台が巨大な建造物として人々の注目を集めていたことはうかがえます。また、アレキサンドリアの海底で遺跡が発見されており、これが灯台のものではないかと研究が進められています。

現在のアレキサンドリア

アレキサンドリア

所在地:エジプト、アレキサンドリア
面積:2,679平方キロメートル
人口:4,110,015人(2006年)
アクセス:イスタンブル経由でボーグ・エル・アラブ空港へ、またはカイロからバスで約3時間

かつて学問と商業の中心地として繁栄したアレクサンドリア。現在は、工業都市として発展を続けています。「地中海の真珠」とも呼ばれる現代のアレクサンドリアは、エジプトやイスラム圏らしい白い壁の建物が建ち並び異国情緒を醸し出しています。その一方、路面電車やサッカー場など、欧米風の爽やかな一面も持ち合わせている都市です。

カーイト・ベイの要塞

アレクサンドリア灯台跡に建てられた15世紀の要塞。現在は博物館として公開されている。

アレキサンドリア灯台があったといわれる半島には、14世紀に崩壊した灯台を利用して15世紀に建てられたとされるカーイト・ベイの要塞が残っています。もとはマムルーク朝のカリフが建てた要塞でしたが、現在は軍事博物館として観光スポットになっています。

アレキサンドリア灯台は海の底に?アレクサンドリア海底遺跡

アレキサンドリア海底遺跡

1996年、アレキサンドリア沖の海底に沈む遺跡が発見された。クレオパトラの時代の遺物が多く発見され、研究と探索が続けられている。

1996年、アレキサンドリア沖の海底にクレオパトラの時代の物と思われる海底遺跡が発見されました。発掘や調査は現在も続き、2009年には「海のエジプト」展でいくつかの遺物が展示されました。アレキサンドリア灯台の一部のような遺跡も発見されており、灯台が実在した可能性が一気に高まりました。また、クレオパトラに関係しているのではないかと考えられる遺物も見つかっています。

アレキサンドリア灯台を再現した世界の建造物

アレキサンドリア灯台世界の七不思議に数えられているせいか、世界の建造物をミニチュアで再現するような公園やテーマパークで再現されていることが多々あります。本来の灯台の姿とはいえないようなものもありますが、それぞれの国や地域の特徴が反映されているおもしろさがあります。

長沙世界之窓のアレキサンドリア灯台

中国湖南省にあるテーマパーク、「長沙世界之窓」で再現されたアレキサンドリア灯台アレキサンドリア灯台の存在は、13世紀の中国も知られていた。

チェコのミニチュア博物館のアレキサンドリア灯台

チェコ・オストラバにあるミニチュア博物館「Miniuni」にあるアレキサンドリア灯台

北海道子どもの国のアレキサンドリア灯台

北海道砂川市にある、「北海道子どもの国」にあるアレキサンドリア灯台。すこし寸胴だが、子どもの目から見れば巨大なもの!

アレキサンドリア灯台のまとめ

灯台の明かりが謎を愛する人々を呼ぶ

古今東西の人々がアレキサンドリア灯台の姿を夢想し、絵画や小説に表し、探検にのりだした。

地中海を渡る商人たちを導いたアレキサンドリア灯台の姿は今はもうありません。しかし、その巨大さと明かりの眩しさは伝説という形で人々の記憶に残りました。どこまでが真実で、どこまでが夢なのかわからない曖昧な存在ですが、アレキサンドリア灯台は今も昔も人々の好奇心をとらえて離しません。海底遺跡などの調査が進み、灯台の真の姿が明らかになるとともに、憧れやミステリーがより深まっていくといいですね。

f:id:africalovers:20170110163446j:plain

いつかは行ってみたい。大自然の宝庫ケニアの魅力的な観光地5選

いつかは行ってみたい!大自然の宝庫ケニアの魅力的な観光地5選

ゾウやキリンなど、数多くの野生動物が生息するケニア。しかし、その魅力は大自然だけではありません。いつかは行ってみたいケニアの魅力的な観光地を厳選してまとめてみました。次の旅行の目的地として、ぜひケニアを候補に入れてみてください!

ケニアってどんな国?

ケニアの遊牧民、マサイ族

多種多様な文化も、ケニアの大きな魅力です。

ケニアは、アフリカ大陸の東部に位置する、自然豊かな国です。ケニアの公用語スワヒリ語と英語で、インド洋に面した沿岸部ではイスラム教、内陸部ではキリスト教を多くの人々が信仰しています。野生動物を見るサファリツアーが非常に人気で、毎年多くの人びとがケニアの観光地を訪れています。

いつかは行ってみたいケニアの観光地

ケニアがどんな国なのかわかっていただけたでしょうか?それではいよいよケニアの観光地を紹介したいと思います!代表的な国立公園からビーチリゾートまで、魅力がたっぷりの観光地ばかりです。興味がある観光地についてはもっと調べてみて、ぜひとも旅行の候補にしてみてください!

ケニアの観光地1

ナイロビ国立公園

首都のすぐ郊外に位置するおすすめの観光地です。

ナイロビ国立公園

首都ナイロビの郊外にあるナイロビ国立公園では、キリンやシマウマなど、さまざまな野生動物を見ることができます。市内からも近いため、空いた時間に気軽にサファリを楽しむことができる観光地です。高層ビルを背景に、動物たちが悠々と暮らしている様子は、他の国立公園では見ることのできない、ナイロビ国立公園ならではの風景です。

ケニアの観光地2

マサイマラ国立保護区

観光地としてケニア屈指の人気を誇る国立保護区です。

マサイマラ国立保護区

ケニア南西部、タンザニアとの国境近くに位置するマサイマラ国立保護区。ケニアに住むほとんどの野生動物が見られるとも言われ、観光客からも人気が高い観光地です。とくに、6月から10月ころに見られるヌーの川渡りは大迫力で必見です。

ケニアの観光地3

ヘルズゲート

ケニアで唯一、サイクリングサファリやウォーキングサファリが楽しめる観光地です。

ヘルズゲート国立公園

サファリツアーは一般的に自動車の中から動物たちを眺めることが多いですが、ここヘルズゲートではケニアで唯一、サイクリングやウォーキングでのサファリが楽しめます。公園内には神秘的な渓谷もあり、とっても素敵な観光地です。

ケニアの観光地4

ボーマス オブ ケニア

ケニアに住むさまざまな民族の伝統的な家屋や、ダンスを見ることができる観光地です。

ナイロビ市内にあるボーマスオブケニアでは、ケニアに住む様々な民族の家屋が再現されており、直接触れたり、中に入ったりすることができます。また、ステージでは伝統的なダンスのショーも行われており、ケニアの伝統文化に触れるにはもってこいの観光地です。

ケニアの観光地5

ナクル湖

無数のフラミンゴが生息する、美しい湖です。

ナクル湖

ナクルとはマサイ語で「ほこりが立つ場所」を意味します。ケニアの中央にある湖の周辺は国立公園に指定されており、美しい自然が保護されています。湖には無数のフラミンゴが集まり、一斉に飛び立つ姿は壮観です。ぜひとも訪れたい観光地のひとつです。

ケニアの観光地6

フォート・ジーザス

インド洋に面したフォート・ジーザスは、モンバサ市で最も人気のある観光地のひとつです。

フォート・ジーザス

インド洋に面したモンバサ市にあるフォート・ジーザスは1593年に、ポルトガルの勢力によって建造されました。建物のなかには博物館もあり、ケニア沿岸部の歴史を知るにはもってこいの観光地です。また、フォート・ジーザスの向かいには旧市街が広がっており、スワヒリ文化を肌で感じることができる、おすすめの観光地です。

ケニアの観光地7

ディアニビーチ

リラックスするにはもってこいの観光地です。

ディアニビーチ

モンバサ市の南にあるディアニビーチは、どこまでも白砂のビーチが広がるとても美しい観光地です。海岸沿いには数多くのリゾートホテルが建ち並び、休日を満喫するにはもってこいの場所です。

野生動物だけじゃないケニアの魅力的な観光地

アフリカ最高峰のキリマンジャロ

果てしなく広がるサバンナ。

観光地として大きな人気がある国立公園だけでなく、ケニアには伝統文化やビーチなど、魅力的な観光地がたくさんあります。海外旅行を計画している方は、ぜひケニアの魅力的な観光地を次の旅行先として選んでみてはいかがでしょうか?

f:id:africalovers:20170110163346j:plain

必見。 コンゴ共和国の魅力について、いくつかお知らせします

必見!! コンゴ共和国の魅力について、いくつかお知らせします

コンゴ共和国って、どんな国か皆さんご存知ですか?テレビや雑誌等であまり知られてないので、よくわからない人が多くいらっしゃると思いますので、いくつかコンゴ共和国の観光地をいくつか紹介したいと思います。どんな観光地があるのか、知られてない観光地など、お伝えします

コンゴ共和国とは、どんな国?

コンゴ共和国

世界で10番目に広大な国土を持つ、アフリカのコンゴ共和国
コンゴ共和国の観光地はどんな場所があるのでしょうか?
魅力のあるコンゴ共和国の観光地をいくつか紹介しますので、役に立ててください
コンゴ共和国の観光地に魅了されるでしょう!

まず、コンゴ共和国はどこにあるのでしょうか?
コンゴ共和国の正式名称は、コンゴ民主共和国
コンゴ共和国は、中部アフリカに位置する共和制国家
AFDLのローラン・カビラ議長が大統領に就任後、国名をザイール共和国からコンゴ共和国に変更した

アフリカ大陸中央部のコンゴ川流域に広がり、アルジェリアに続いてアフリカ大陸で第2位の面積を擁し、世界全体でも第11位の面積を擁する広大な国家である。1997年に現在の国名に改められたが、それまでの国名のザイールとしてもよく知られています。

コンゴ共和国は、様々な野生の動物がいることでも観光地として有名です

コンゴ共和国のすばらしい観光地

ここからはコンゴ共和国のすばらし観光地をいくつか紹介します!
皆さんがまだ知らないコンゴ共和国の観光地があるかもしれないですね
自然や動物に囲まれた素晴らしい国ですので、コンゴ共和国の観光地として訪れると、新たな発見がありますよ!
日本にはない、コンゴ共和国の魅力の観光地がたくさんあります

ガランバ国立公園

 

キタシロサイの保護区として知られ、1980年にはユネスコ世界遺産にも登録されている。
コンゴ共和国のガランバ国立公園の観光地を観光ができるツアープランがあります

コンゴ共和国の北東、スーダンとの国境付近に位置するコンゴ盆地の熱帯雨林と、ギニア・スーダンサバンナ帯の中間地帯にある国立公園。サバンナや草原、森林や沼地などさまざまな自然環境が混在。4つの貴重な哺乳類ーゾウ、キリン、カバ、そして何よりキタシロサイーーの故郷。1960年代に1000頭ほどいたキタシロサイは角を狙う密猟者によって激減。様々な野生の動物がみれる観光地。ぜひ、一度、訪れてみては、いかがですか?

キンシャサの街

キンシャサの街

コンゴ民主共和国の首都。人口約900万人のアフリカ有数の世界都市。対岸にコンゴ民主共和国の首都のザイール川岸に広がった街は官庁街、商業、住宅地区にはっきり区分けされている。面積は日本の約6倍もあり、観光地としても利用されている

コンゴ共和国キンシャサには、いろんな種類のお店があるので、観光地として訪れるのはいいでしょう
教会、公園、美術館、大学などあり、観光地として楽しめる要素が多くあります
コンゴ共和国にお越しの際は、キンシャサの観光地を訪れてみてください
コンゴ共和国の観光地の魅力を味わってみてください

ゾンゴの滝

ゾンゴの滝

コンゴ共和国の首都キンシャサからおよそ100kmにあり、キンシャサの南西部に位置する滝
コンゴ共和国の観光地の一つ

コンゴ共和国の首都キンシャサから車で4~5時間程の場所に位置する
大河コンゴ川の激流が下り落ちる迫力満点の滝です
周辺には、ホテルやキャンプサイトがありますので、ゾンゴの滝周辺で一泊して楽しめます
近くで見れば、滝の迫力に圧倒される観光地です

コンゴ川

コンゴ川

コンゴ共和国の観光地の一つのコンゴ川の名はコンゴ王国に因む
大河の多いアフリカ大陸でも2番目に長い川
中部アフリカのコンゴ盆地を蛇行しながら流れ、大西洋に至るアフリカ大陸2番目の長さ4,700kmを誇る河川である
観光地の一つとしても有名です

コンゴ川流域は、旅行中に一度は訪れたいコンゴ共和国の観光地エリアです
その周辺は深い森に覆われ、豊かな自然があり、観光地としては、訪れてみたい場所になります。コンゴ共和国の魅力の一つとされるコンゴ川。観光地としての魅力を味わってみて、
体験してみてください

ブカブ

ブカブの街

コンゴ共和国東部の都市
コンゴ共和国の観光地
人口は約245000人

ルワンダとの国境にあるキブ湖南西岸
気候は快適で、多い湖岸は風光美に恵まれ,商工業都市であるとともに観光地としても発展

市場

市場

中部アフリカ最大級の市場で人気観光地の一つとして有名です

日用品の他に、全国から集めた伝統的なお面が売られていて観光客には人気のスポットの観光地になっています
日本にはない珍しい物や日本では体験できない観光地などがあるので、新鮮さがあります

f:id:africalovers:20170110163216j:plain